ブレーメンの挑戦

2008.04.05 Saturday 08:01
0
    先に、「条例のある街」という本を回し読みをしましたが、同じ千葉県の取り組みをずっと詳しく書いてある「ブレーメンの挑戦〜新福祉論が目指すまちづくり」という本を読みました。

    「条例のある街」は、野沢和弘さんの単著ですが、こちらは、条例づくりだけではなくその前から関わってきた人たちが、少しずつ書いています。こういう人たちが出会って、あの条例ができたんだ、という思いがします。

    その中でいろんな人が書いているフレーズで、千葉県の健康福祉政策課長さんが書かれたという「健康福祉5つの疑問」(問いかけ)のうちのひとつです。

    「理不尽な理由で辛く悲しい思いをしている人はいないか」

    しょうがいのある人の福祉だけでなく、いろんな広がりがあってあの条例ができたんですね。

    私たちが取り組む活動の参考になると思いますので、ぜひみなさんも読んでください。



    書名:ブレーメンの挑戦
    出版社:株式会社ぎょうせい
    価格:2000円(税込)
    category:おすすめ!本、映画 | by:yamanakacomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 「普通に生きる」チラシができました
      林ともみ
    • 尾張東部成年後見センター
      ida
    • 厚生労働省 生活支援ニュース
      小牧やっとかめ
    • 青野浩美さんコンサート
      ida
    • 青野浩美さんコンサート
      daisaku613
    • 青野浩美さんコンサート
      nancy
    • 「げんき村」報告
      小牧やっとかめ
    • ここばりこまき主催「青野浩美さんコンサート」1月23日開催
      yuu*
    • ここばりこまき主催「青野浩美さんコンサート」1月23日開催
      yamanaka
    • ぼくうみ たくさんのご来場ありがとうございました。
      小笠原栄子
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM