「ぼくはうみをみたくなりました」上映会

2011.01.03 Monday 21:44
0

    山中です。

     「ぼくはうみをみたくなりました」上映会が下記のとおりありますので、ここばりこまきの上映会に参加できなかった方、もう一度観たい方、瀬戸で上映会がありますので、ぜひ、ご参加ください。

    「ぼくはうみをみたくなりました」は、福祉映画としてではなく、一般の映画としてとても楽しめる映画ですが、みなさんに自閉症のことを知ってもらうにはいい映画だと思いますので、ぜひ、友人を誘って見にきてください。

    映画のあとで、(特)で・ら・しえんの可児さんが進行役となって、こころのバリアフリーについての意見交換会をしますので、ぜひこちらも楽しみにして参加してください。

    愛知県社会福祉士会尾張東支部(山中も会員)が愛知県から委託を受けた事業です。

                   記
    1 事業名
      「ぼくはうみをみたくなりました」上映会
    2 日時
      2011年1月10日(月・祝)午後1時開演(開場12時30分)
      ※映画終了後、映画や参加者の体験をふまえて、こころのバリアフリーについて
      意見交換を1時間程度します。(進行役 で・ら・しえん代表可児由香氏)
    3 会場
      瀬戸蔵つばきホール
      交通 名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」下車徒歩約5分
      http://www.city.seto.aichi.jp/sosiki/setogura/002711.html
    4 料金・定員など
      入場無料・定員300人(先着順ですが、満員にはならないと思います)

    category:おすすめ!本、映画 | by:kokobaricomments(0) | -

    映画情報

    2010.11.22 Monday 22:36
    0
      アンダンテ〜稲の旋律〜 上映会

              だいじょうぶ。
              転んだって、いいんだよ。


      平成22年12月12日(日)

      午前9時45分〜11時40分(開場9時15分)

      小牧市味岡市民センター講堂にて

      入場無料


      味岡中学校・味岡小学校・本庄小学校、学校PTA3校合同事業で、上記の映画上映会が行われます。

      校区の方々に案内をしていますが、まだ、席に余裕があるそうなので、せっかくのお薦め映画、校区以外の方にも案内しましょう・・・ということになりました。楽しい

      2009年 秋に公開されて以来、現在も全国各地で自主映画上映会が開催され、たくさんの人々に大きな感動が広がっています。ラブ

      悩み多い毎日の中、自分自身の生き方を考える上での、ヒントとなるメッセージを受け取ることのできる映画です。プレゼント


      ものがたり

      主人公 千華(ちか)が巡り合った人々とのつながりの中で、失われた心を
      取り戻していく「人間再生」の物語です。

      Andante(アンダンテ)=音楽用語で、ゆっくりと。歩く速度で。

      【自分の速度】で生きる

      薮崎千華は母の強い希望で幼い頃から音楽の道を歩むが、厳しい競争に次第に自信をなくして大学を中退し、やがてひきこもるようになる。

      思いついた千華は、「誰か私を助けてください」と書いた紙切れをペットボトルに詰めて千葉県の水田においてくる。

      この手紙を拾った広瀬晋平との交流が、千華の生活を徐々に変化させていく。

      出演者
      新妻 聖子  筧 利夫  中条きよし(友情出演)  松方弘樹 ほか

      ただし、定員500名を越えると入場をお断りする場合もありますので、
      あらかじめご了承ください。汗

      また駐車場に余裕がないので、お車でのご来場はご遠慮願います。車
      category:おすすめ!本、映画 | by:idacomments(0) | -

      映画「精神」

      2009.08.26 Wednesday 21:47
      0
        会員の方から、映画の紹介がありましたので、みなさんにも御案内します。

        「精神」
        http://www.laboratoryx.us/mentaljp/index.php

        いただいたチラシから少しだけ引用すると
        外来の精神科診療所「こらーる岡山」に集う様々な患者たち。病気に苦しみ自殺未遂を繰り返す人もいれば、病気とつきあいながら、哲学や信仰、芸術を深めていく人もいる。涙あり、笑いあり、母がいて、子がいて、孤独と出会いがある。そこに社会の縮図が見える。

        代表である山本昌知医師のモットーは、「病気ではなく人を看る」、「本人の話に耳を傾ける」、「人薬(ひとぐすり)」。精神科病棟の鍵を取り払う運動にも取り組んできた「現代の赤ひげ」とも言える彼は、患者たちが地域で暮らしていける方法を模索し続けている。


        愛知県での上映館は、名古屋市今池の名古屋シネマテーク。
        8月29日〜9月4日 12:30 15:00 19:40
        9月5日〜9月11日 12:30 15:00
        9月12日〜9月18日 10:30


        category:おすすめ!本、映画 | by:kokobaricomments(1) | -

        NHK 福祉ネットワーク「罪を犯した知的障害者と向き合う」

        2009.04.20 Monday 22:10
        0
          4月15日、16日両日に放映されたNHK福祉ネットワーク「罪を犯した知的障害者と向き合う」を見ました。

          1日目は、「刑務所から見える現状と課題」というテーマで、刑務所に視点をおいたレポート。通常の刑務作業についていけない人たちが、別の部屋で違う作業に取り組む。
          刑務所が、福祉の最後の砦となっている。刑務所は入所を拒めない唯一の場所で、ほかのところで手を抜かれた人が最後に集まってくるところ、と解説者。
          受給者の20%強の人がIQ70以下。調査数410名のサンプル調査であるが、療育手帳をもっている人は、26人(6%)しかなく、多くのひとが福祉との接点をもちえなかったと見られる。
          主な罪名は、窃盗(万引き、賽銭泥ぼうなど)43.4%、詐欺(無銭飲食、無賃乗車など)8.8%とあまり計画性のない軽微な、生活苦(食べられない)ことからの犯罪で、なんらかの支援があれば。
          刑務所としてはできるかぎりのことをしているが、出所後のことはがんばってくれと願うしかない、と刑務所の職員。

          2日目は、罪を犯した知的な障害のある人を支援する相談支援事業者などの支援の様子のレポート。

          相談支援事業者の丁寧な支援、どこまでも見つづけるという覚悟でがんばっておられる様子に感心します。

          再放送がありますので、ぜひご覧ください。

          罪を犯した知的障害者と向き合う(1) 刑務所から見える現状と課題
          再放送:4月22日(水)午後1時20分〜

          罪を犯した知的障害者と向き合う(2) 再犯をどう防ぐか
          再放送:4月23日(木)午後1時20分〜

          category:おすすめ!本、映画 | by:kokobaricomments(3) | -

          佐賀県の啓発ビデオ みんなちがってみんないい

          2008.05.04 Sunday 10:50
          0
            佐賀県が次のような啓発ビデオをつくっています。

            「みんなちがってみんないい〜知的障害者の人たちを理解するために〜(15分)」

            インターネットで見ることができます。
            http://www.pref.saga.lg.jp/web/sisetu.html
            (今なら、このページの一番上の項目です)

            ちょっとなぁと思える部分もありますが、全体として、勉強になると思います。ここばりこまきでも、次はこのような啓発ビデオをつくってもいいなと思いました。

            やまなか
            category:おすすめ!本、映画 | by:yamanakacomments(0) | -

            ブレーメンの挑戦

            2008.04.05 Saturday 08:01
            0
              先に、「条例のある街」という本を回し読みをしましたが、同じ千葉県の取り組みをずっと詳しく書いてある「ブレーメンの挑戦〜新福祉論が目指すまちづくり」という本を読みました。

              「条例のある街」は、野沢和弘さんの単著ですが、こちらは、条例づくりだけではなくその前から関わってきた人たちが、少しずつ書いています。こういう人たちが出会って、あの条例ができたんだ、という思いがします。

              その中でいろんな人が書いているフレーズで、千葉県の健康福祉政策課長さんが書かれたという「健康福祉5つの疑問」(問いかけ)のうちのひとつです。

              「理不尽な理由で辛く悲しい思いをしている人はいないか」

              しょうがいのある人の福祉だけでなく、いろんな広がりがあってあの条例ができたんですね。

              私たちが取り組む活動の参考になると思いますので、ぜひみなさんも読んでください。



              書名:ブレーメンの挑戦
              出版社:株式会社ぎょうせい
              価格:2000円(税込)
              category:おすすめ!本、映画 | by:yamanakacomments(0) | -

              Calender
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << May 2019 >>
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              • 「普通に生きる」チラシができました
                林ともみ
              • 尾張東部成年後見センター
                ida
              • 厚生労働省 生活支援ニュース
                小牧やっとかめ
              • 青野浩美さんコンサート
                ida
              • 青野浩美さんコンサート
                daisaku613
              • 青野浩美さんコンサート
                nancy
              • 「げんき村」報告
                小牧やっとかめ
              • ここばりこまき主催「青野浩美さんコンサート」1月23日開催
                yuu*
              • ここばりこまき主催「青野浩美さんコンサート」1月23日開催
                yamanaka
              • ぼくうみ たくさんのご来場ありがとうございました。
                小笠原栄子
              Link
              Profile
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM